私たちのオンライン生活がどのように私たちの日常生活の大きな部分になっているのか考えたことはありますか?We are socialという企業の調査によると、地球上の住民は毎日平均でほぼ7時間をインターネットに費やします。 なんとこれは人生の1/3に相当します。

それは心身にとって有害であるとの考えから仮想空間に入り浸ってばかりいないで、より普通の生活を送るよう主張する人も存在します。ただし、この記事はPIVXを含めインターネットが私たちに与える前向きなチャンスについて提言するものです。そして今、すべてが順調に行っているのです。

  • 学習

様々な理由で独学する人が以前にもまして増加しています。すでに時代遅れである、もしくは集中化しすぎているため、地元の機関での教育は人々が関心を持っている分野の教育を受ける機会がないことを示しています。地元の教育機関では良質な教育をうけられないかもしくは学費があまりにも高額なのです。インターネットはこれらの問題を解決する上で重要な役割を果たしています。インターネットの助けを借りてほとんどすべての職業を独自に研究し、トレーニング方法(実践的または理論的)を選択し、必要に応じて多数の選択肢から視覚を持った適切な講師を選択できます。可能性は無限大。 そして最後に重要なことですが、あなたは時間とお金を節約し、あなたが望むものを手に入れます。ちなみにPIVXを介してブロックチェーンの世界を探索したい場合はこのセクションから始めるのが良いでしょう。

  • フリーランス

卒業後は経験不足のために良い仕事が見つかるとは限りません。これは、従業員の採用を拒否する主な理由の1つです。この問題を解決するために多くの場合,キャリアはフリーランスから始まります。ただし、必要な情報を見つけるのは難しい場合がありますが、この問題の解決にはインターネットが役立ちます。必要な情報を揃えたウェブサイトが数多く存在します。「フリーランス」とググってみてくださいまた、PIVXフリーランサーになることもステーキングを通じてプロジェクトの開発に貢献することもできます。今、始めれば良いのです!

  • 仕事

私たちの時代では、いわゆる「頭脳」労働は肉体労働よりもますます高く評価されています。この現象は、手作業が以前は重視されていた産業の自動化によって引き起こされました。今日、「頭脳」労働は肉体労働よりもはるかに私たちの生活に影響を与えるので,

それに応じてはるかに高い報酬が支払われます。 この意味で、インターネットは多くの可能性を提供します。提供されるさまざまな選択肢から目的の仕事を見つけることができます。自宅や他の国からでも仕事ができます。必要なのはコンピューターとインターネット接続だけです。ビジネス会議に出席する必要はありません、すべてをオンラインで調整できます。ここでは仕事でインターネットを活用する利点を全て述べたわけではありません。PIVXで使用できる機能とスキルはありますか?PIVXの開発に貢献し、報酬を受け取ることもできます(詳細リンク)。

インターネットとPIVX

インターネットが与えてくれるチャンスの全体像についてはPIVXの例を見てみましょう。

PIVX(コミュニティのためにコミュニティ上に構築された分散型プロジェクト)を使用するプロセスは、インターネットによって発生します。オンラインチャットDiscordでPIVXの今後の開発について話し合います。オンラインで提案を検討するだけで、自宅からのPIVXのさらなる開発に投票できます。我々はオンラインです。すべてのPIVX開発者の活動はGithubに投稿され、さまざまなPIVX更新がソーシャルメディア(Twitterなど)に投稿されます。そしてもちろん公式ウェブサイトにアクセスすることで、誰もがPIVXについて知ることができます。誰もが、インターネットが利用できれば世界のどこからでもPIV通貨で貯金,、取引,、決済ができます。

気をつけるべきこと

インターネットは無限のチャンスを我々に提供するという事実にもかかわらず、あなたの健康を守るための予防策を講じる必要がまだあります。

  • 15分間の休憩(少なくとも1時間に1回)を取りましょう。その間にエクササイズ(スクワットなど)や目の体操をしましょう。
  • 画面の色合いを赤に設定し、明るさを下げましょう。そうすることによって目の負担を軽減できます。
  • 背中を椅子の背もたれにかけて、背筋を伸ばして座りましょう。
  • 就寝1時間前はパソコンを使用しないようにしましょう。そうすることでより早く眠りにつくことができ、夜中に目が覚めることもなくなります。
  • 不要なネットサーフィンはやめ、使用時間を決めて自己管理をしましょう。

そして毎日散歩し新鮮な空気を吸い、あなたのパープルスマイルを周りの人と共有することを忘れないでください! これはあなただけでなく、周りのみんなを元気づけます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。