貴方のプラットフォームを選んで

ウォレットをダウンロード!

Androidウォレットのリリースに伴い、PIVX のデベロッパーfurszyは、エンドユーザーがPIVの送金や送金リクエスト、受取りのプロセスをもっと簡単にできるよう、合理化されたデスクトップアプリケーションを作りたいと考えるようになりました。

PIVX ライトウォレットをWindows, macOS,  Linux のユーザーが使えるようになりました。

ピヴィアンの皆さん、嬉しいニュースです!PIVX ライトウォレットが上のリンクからダウンロード可能になりました。ライトの構築によって、ウォレットのダウンロードはブロックヘッダのみとなり、ブロックチェーン全体ではない(ブロックと取引全体ではない)ので、ディスク容量もバンド幅使用量も少なく済み、より速いパフォーマンス速度と同期時間が可能となりました。

ライトウォレットは、アンドロイドウォレットが持つ人気機能も持ち合わせています。それは、ウォレットの通貨換算、送金リクエスト、QRコード生成におけるニーモニックパスフレーズによるセキュリティとオートフィルです。簡単に言うと、PIVXライトウォレットによって、 PIVXを商品やサービスの支払いとして使用するプロセスが、より簡単で素早いものになったのです! もし貴方がPIVX ライトウォレットv1.0のインストールについて質問や問題を持った場合は、Discord内の私達のサポートチームに連絡して下さい。 https://discord.pivx.org/.

PIV から通貨への換算

PIVXライトウォレットには、通貨換算機があり、ユーザーが選択した通貨とPIVの自動換算を、リアルタイムで行う事ができます。

PIV 送金リクエスト & QR コード生成

今このウォレットでは、送金と請求金額のリクエストをして自動でQR コードを生成する事が可能になりました。そうする事で、送金者がコードをスキャンすると、自動で送金先アドレスと、請求されている金額が入力されるので、よりスムースで迅速な取引が可能になったのです。

* これらの機能はライトウォレットの機能のうちほんの少しだけを紹介したものです-記事の一番下に、全ての機能をリストアップしていますので見て下さい。

次は一体何が起こる?

PIVXライトウォレット v1.0 のステーキングでは、zPoS 機能は現在の所使用できないのですが、ライト内で、マルチシグアドレス、ステーキング機能などを持ち、将来的にはzPoS機能も可能にする予定のZerocoin の実装計画は、既に始まっています。

これらの機能がいつ実現するかは現在まだ未定ですが、今後もさらなる情報が出る都度皆さんにアップデートしていきます!

フルリリースノート:

* ニーモニックコードバックアップ/復元

* ステーキング tx 認識

* 取引の詳細画面

* 入力の詳細画面

* コイン操作

* 複数の送信

* カスタム料金

* PIV USD間のスイッチ切り替え

* スプラッシュミュートオプション

* 「アドレスのラベルを削除」オプション

* 「全残高追加」ボタン

* クラッシュレポート追加

* プロトコルが70810 へアップデート(今では、誰でも自分のノードを信頼されたノードとして使う事ができるようになりました!)

* BIP44 の完全実装

* BIP32/BIP44 の復元オプション

* 初期ウィザードにニーモニックコードを追加

* アカウントのエクスポートオプション

* 閲覧専用モードが可能になった

* さらなる信頼されたノードが使用可能になった

* ブロックチェーン同期の進捗

* アップグレード画面

* 技術サポートの為のPIVX-light-wallets googleグループ が作成された

* いくつかのバグ修正( フリーズバグ含む)

* 新コアバージョンとの接続 (ゼロコイン)

* 送金画面: アドレスのカスタム変更

* アドレス変更画面

* プロトバンプを 70914

* zcspend/zcmint 受信取引のエラー修正

* pivxjの多くの検証/承認

* UI のマイナーバグ修正

* 複数の法定通貨に対応

* 支払いリクエスト追加

* zc_spend 取引による + アイコン解析

* ニーモニックフレーズ復元画面の自動コンプリート+ バックグラウンド読み込み

* 信頼されるノード選択画面のデフォルトオプション

* リカバリ画面からのウォレット初期化の問題修正

* マイナーバグの修正

貴方のプラットフォームを選んで

ウォレットをダウンロード!