この公式見解を用意してくれた PIVian turtleflaxに感謝します。

201861日、 Joël Valenzuela が、仮想通貨のコイン供給量、分配、包含についての DashForceNewsのこの記事を 書きました。目的はDashのプロモーションの為の他コインとの比較でしたが、この記事は他の人気コインの分配についての様々な統計を含んでおいました。例えば PIVXは、2016 年のDashのコードフォークであり、以来大きな業績を生み出している、例えばプルーフオブステークへの変換、唯一のプルーフオブステークの実装であるゼロコインのプライバシープロトコル、そして、最も進んでいるZerocoinの市場への実装によって、仮想通貨唯一のプライバシーステーキングシステムを作り上げました。

この記事は以下の文章と画像を含みます。

PIVXのケースのように、新しいコインでは、配分分布が集中する事が予想されます。 しかしながら、この特定のケースでは、供給が特に集中していて、トップ10のアドレスが供給量全体の3分の2を占めているのです。しかもそのうち半分は、1つのアドレスによるものです。

トップ1000のアドレスがコイン供給の144%を保持していると、データが誤って示唆していることは、どの読者にとっても明らかです。このデータの元になっているブロックエクスプローラーの the rich

list page を見てみると、トップの「アドレス」として見られたのは、ネットワーク上のプライベートトークンを表す、匿名のアキュミュレーターだという事がすぐにわかります。もちろん、ネットワーク上の全てのプライベートトークンは 1人の人間や1つのアドレスに所属しているものではありません。私達の民間供給のサイズを考えても、このデータの全てが大きく歪められている事がわかります。

もしかすると Dash が、仮想通貨のプライバシーのメカニズムについて知らないのかもしれません。しかしながらほとんどのブロックエクスプローラーは、ビットコインに基いていて、Zerocoin Zerocash、または Cryptonote などのプライバシー取引については正しく解釈していません。

匿名の「アドレス」のアカウントでは、実際のトップ10とトップ100の分配数は、それぞれ64%と99%ではなく、11.9%と25.3%です。正確なデータを確認するには、 私達のオフィシャルブロックエクスプローラーまたは ノードデータを参考にして下さい。これらのサイトは zPIVXの供給量についての正確な数を示しています。

記事は続きます:

これは特に問題になります。なぜなら、PIVXはプルーフオブステークコインであり、新しいコインはすでにいくつかの所有者が所有している人だけが作成できるという事になるからです。さらに、PIVXは、ガバナンスおよびトレジャリー・モデルを採用し、利害関係者が開発意思決定とプロジェクト資金の配分に投票し、単純な資金の所持をはるかに超えた極めて集中的な分配の影響を与えます。」

これはいくつかの点で誤解しています。  これまでの誤報と相まって、PIVXは「豊かな者がさらに富を得る」報酬制度と、超富豪権力的なガバナンスを使用しているとここでは言われていますが、  実際は、PIVXのステーキング報酬システムは、すべての担保に比例した報酬を提供し、わずか1コインの担保が必要なだけなのです。逆に、DashのパッシブROIを得るには、裕福な人に限られます。マスターノードに1,000コイン、又は305,000ドルが必要です。PIVXのコイン放出、報酬、およびインフレ率についての詳細は、こちらの記事を参照してください。

さらに正確に言えば、この記事では、ほぼすべてのコインについて、最多数のコインを保有しているアドレスの多くが、「取引所」に属していることを言及する必要があります。さらにDashは、大規模な所有者が資金をアドレス間で分割する事で、コインの供給をより良く見せるようにするためのインセンティブをマスターノードコインが提供しているのだという事についても述べるべきである。また、この記事では、Smartcashのコミュニティファンドの所有アドレスが、供給量の半分を占める所有者であるかのように述べていますが、これはガバナンスによって管理されている運営資金です。