[Tech]

zDEX は2018年11月1日、ついにオープンアルファのステータスを開始いたしました!もし貴方が、当サービスのストレステストに協力する事に興味があるのなら、当ブログでの新たな情報チェックを忘れないで下さいね!メインネットに移行し、実際の通貨を使った取引を行うオープンベータは、その後間もなく開始しますし、さらに、フルリリース(全ての制限が取り除かれます) は、全てが100%問題無いと確認でき次第の開始となります。プレスリリースは情報を流していますし、私達はPIVXウェブサイト上に 機能ページ を用意しています。

– @furszyが、ゼロコインのAndroidウォレット対応の為の改修を行うのもそう遠くありません。今までかなりの量のテストが行われて来ました。このシステムは、シンプルで、迅速で、全ての始まりとなります!このシステムでは、 @furszyにより開発された、新しい内部のライトウォレットに特定された、ゼロコインプロトコル、その名もLight Node Zerocoin Protocol (ライトノード・ゼロコインプロトコル)です。Discordの #lightwallet チャンネルで、このシステムがメインネットで動作する様子のデモを見ることができます。

また、random.zebra は、彼のSPMTへのアップデートを用意しました。これにより、新しい、今まで多くの要望があった機能が追加されました。アナウンスメントはこちらをご覧下さい。(https://pivx.org/the-latest-version-of-the-secure-pivx-masternode-tool-spmt-has-been-released/)

さらに、@Buer は、ついにApple との交渉に成功し、長い間準備されてきた PIVXの iPhone ウォレットがついにApple storeにリストアップされる事になりました。このニュースについてはAppleからさらなる情報が入り次第アップしていきますので、PIVX がiPhoneで使えるようになるのを心待ちにしていた貴方、お楽しみにしていて下さい!

 

– コアウォレットの新しいリリースも、もうすぐです。パフォーマンス、UX/UI、その他の機能改善を含む新しいアップデートが沢山の予定です。

 

ブレットプルーフと、その他の楽しみな機能開発は順調に進んでいます。今はまだあまりお知らせはしていませんが、もうすぐの状態です—@jonathan.bootle, @Mary, @random.zebra, and @warrows 達が、今このシステムをリリースする為に日々頑張っています。

-いつものように、全てのPIVX デベロッパー達は新しい技術のを取り入れる為に努力しています。また今後の発表を楽しみにしていて下さい。

[イベント]

韓国・ソウル・プロビナンスブロックチェーンイベントが、今月20日に開催されました!

@Fuzzbawls  と@furszyが発表し、@jakiman と@ziscad は、PIVX を代表して韓国語による地元の人々とのコミュニケーションを行いましま。@manhuichi と@Stroronium、そして@Buer の功績に感謝します。

また、@Rhubarbarian [CANADA], @Fuzzbawls, @furszy, @jakimanと@ziscad (@SnappySnapと@deejayem の助けもあり) の努力によりこのイベントが実現されました。

そして@Rhubarbarian [CANADA]と@jakiman が、イベントでのPIVX グッズを用意し、出資してくれました!

また、ラテンアメリカでの活動もさかんです!。LATAM PIVX アンバサダーの@ONeZetty, @Cacalillos [Colombia], @JaoquimFらが、ブロックチェーンサミットLATAM2018や、ボゴタミートアップなどのいくつかのイベントにPIVX を代表して参加していています。 こちらhereで、最近の LATAMの活動を知ることができます。

[Webサミット](https://websummit.com/) では、@Buer, @Bouilla, @Steph, そして@Cryptosi がPIVXを代表しました。そして今後に繋がる素晴らしい繋がりを作ってきました。 こちらもまた、新しい情報が入り次第アップしていきます。

– さらに、PIVXクルーズの日程も近づいて来ています! 当選者は既に発表されています。

[BizDev]

– @jakiman, @SnappySnap,そして@s3v3nh4cks  は、オブザーバーについてアレンジいたしました。OBSRは、韓国の天候テクノロジープロジェクトで、 PIVXの技術を使って、貢献したユーザーにトークンを与えるシステムです。ウェブサイトは準備されていますが、まだ資金が不足しています。メインネットが、最近開始したばかりのOBSRをぜひチェックしてみて下さい。

 

@John M はさらに多くの取引所との交渉に忙しくしています。(資金が限られている中、彼は素晴らしい仕事をしてくれています)。もちろん発表されたから貴方も気づいているでしょう!彼はまた、UFC ファイターのCrisCyborg スポンサーになる手配を年末に向けて整えています。今後のニュースに目を向けていて下さい!

– @SnappySnap, @Cryptosi, と@Rhubarbarian は、PIVX アライアンスを通じてビジネス的開発に尽力しています。NUMOVendibleなどのプロジェクトとの関係を構築しており、これらは支払いに着目したプロジェクトなので、PIVX がさらに通貨として利用される為に役立ちます。NUMO についても今後のニュースに目を向けていてください!

 

– @Rhubarbarian [CANADA] と彼のチームは、アナウンスメントにおけるグラフィックや、イベントのデザイン、コミュニケーション、比較チャートの更新や、アンバサダーのサポート、マネージメントに尽力しています。

彼らもまた素晴らしい仕事をしてくれています。@Strontiumと共に、pivx.org zDEX ページ を、新しいグラフィックによって活き活きしたものに変えてくれました。また、Barrie ファミリーにより地域への取り入れに関する尽力が行われています。

@Cryptosiが行なっている事については近々発表されます。

@Hanna と翻訳チームら、アンバサダーやコミュニティマネージャーと協働して、英語以外のウェブサイトアップデートや分析、社会へのPIVXのアピール活動に尽力しています。また、ホワイトペーパーの翻訳も行なっています。ロシア語、中国語も翻訳されました!

[マーケティング]

  • PIVXマーケティングは、現在制限はありますが、最大限の結果を出しています。活動は全体的なPIVXのイメージを向上させながら、 オフィシャルウェブサイトのアップデートなどを行なっています。ANN グラフィックのアップデートも近々行われます。
  • @Jeffreyの助力により PIVXplaces では、買主感謝の広告を製作中です。
  • PIVX アンバサダーは、引き続き@rhubarbarianのリーダーシップの元で成長しており、アンバサダー活動専門の新しいウェブサイトを近々立ち上がる予定です。
  • @SnappySnapと@ONeZetty はPIVXpress ビデオの配信を行なっています。Rhubarb がメディア用に編集し、@Hannaと翻訳チームが字幕を付けています。
  • @Strontiumは、 PIVX プレスリリースとメディア関係を仮担当しています。現在これについては担当者も出資者も無いからです。喜ばしい事に、zDEX のリリースに当たって多くのジャーナリストが注目しているので、今後どのように報道されるかが楽しみです。
  • @Rhubarbarian とそのチームは?PIVX エフォートの世の中へのアピールを、クリエィティブにサポートにしています。活動資金のほとんどは、彼が自分で出資しています。
  • @jakiman Twitter において大きな力となってくれています。その間redditの 関係者 は、PIVX の話題を常に切らさないよう尽力しています。
  • @Hanna は、PIVXウェブサイトから割り出した数値や分析をチームに提供する仕事で大変頼り甲斐があります。そしてどの地域の人々から最もサイトが見られているかを割り出します。
  • ゲストライターの@CryptoCandor は、PIVX プレスリリースの仕事をし、コミュニティメンバーと共にPIVXの活動についての 素晴らしい情報の動画 を作成しました。
  • @Allard (aka Valdy) は、steemit でのポストを担当しています。
  • @FusedHelios は、パーソナルな時間を割いて、DYK の動画を作っています。
  • @Rhubarbarian と彼のチームは@turtleflaxと@Strontium と協働して比較チャートを作成している他に、ミートアップやカンファレンスで使う資料を作成しています。

また、PIVX コミュニティのメンバー皆が、サポートの手伝いや、新しいメンバーの歓迎や、リツイートや、記事を書いたりシェアする事や、バグを探す事や、@Carl と彼のzPIV 3Dプリントコインなどの話題をシェアしてくれる事など行なってくれている全ての活動に感謝します。

この半年間は大変な時期でしたが、皆さんの努力のおかげでベストを尽くす事ができました。ありがとう!そして、ステイ・ポジティブ、ステイ・パープル!