PIVXがまたもや、仮想通貨業界のレベルを上げました。コアウォレット3.1へのアップデートと同時に、仮想通貨として初めて、プライバシーが保護されたプルーフオブステークを可能にしたのです。

このアップデートによって、ユーザーは、 zPoS‐つまりゼロコイン・プロトコルを可能にしたプルーフオブステークを使ってzPIVをステーキングする事によって、自分が保有するzPIV からのステーキング報酬を得る事ができるようになりました。

プライバシーに着目している他の仮想通貨で、この高度な技術を要する機能を実現した通貨はまだ他にありません。現在の所、市場に出ている他のプライバシーコイン は、プルーフオブワークのマイニングアルゴリズムを使ってのプライベートな取引を提供できるだけです。つまり、PIVXは今や、完全な匿名性とPoS マイニングの両方を提供してるという事なのです。

多くの人にとって、プルーフオブステークのマイニング(PoS)は、プルーフオブワークの舞いニングに代わり、エキサイティングで 、有利な条件の可能性があるもう1つの選択肢だと思います。多くの意味で、PoSは銀行口座で利息を稼ぐとか、株の配当金をもらうという事に似ています。 ネットワークに参加する事で、貴方もマイニングをするのと同じように報酬を受ける事ができるのです。

zPIVを理解する: カジノのチップのようなプライバシー機能

 

PIVXは、言わば 準通貨のようなものであるzPIV を使います。 zPIVはゼロコインプロトコルを使い、ブロックチェーン内での完全な匿名性を実現しています。ウォレット内では、ユーザーは、zPIVを作成するか「ミンティング」するかを選べます。 zPIVは、1,5,10のような特定の単位でのみ使用できます。 これはつまり、紙幣と同じ仕組みです。

ユーザーがzPIVを送金すると、受取人は通常のPIVとして受取ります。しかし誰から送られてきたかは分かりません(#anonymity)(匿名性)。zPIVは1つのPIVXウォレット内にのみ存在し、取引所でトレードしたり、直接買う事はできません。zPIV の価値はまた、永久的にPIV と同じ価値を持ち、変換率は1対1です。つまるところ基本的に、 zPIVは、独自の通貨ではなく、しいて言うなら匿名性を持って額面価格で交換できるカジノのチップのようなものなのです。

このように考えてみて下さい。ビットコインを送金する事は、誰か他の人の銀行口座に、自分の口座から口座間送金するようなものです。銀行には、誰から誰にいくら送られたかという記録が残り、銀行は、その記録をいつでも参照する事ができます。zPIVを使う事は、ATMから現金を引き出し、誰かにあげて、受け取った現金をその人が自分の銀行口座に入金するようなものです。

プライバシーとPoSが一緒になった zPOS

2018年5月初頭にリリースされた PIVX ウォレット バージョン3.1 の最新バージョンにおける最大の機能は、ユーザーが自分の持つzPIV をステーキングし、通常の報酬を得る事ができるという点です。最新のプレスリリースでは、PIVXコミュニティのリーダーである ブライアン・ドレイアンはこのように言っています。:

“zPoSは、大きな視点からして、非中央集権化の仮想通貨テクノロジーのための大きな進歩です。なぜならこれによって、自分の保有仮想通貨の残高(zPIVについて)を人に知られる事が無いよう、個人のプライバシーを守るための自由を持つ事ができ、 さらに人に知られずに、安全に報酬を得る事が可能になるからです。これは、ハッカーや詐欺師の悪意のある目や、そうでなければ貴方のデータをスパイし特定の目的の為に利用しようとする団体などから守られている自分の個人的な成長アカウントを持つ事に似ています。

新しいプライバシーの機能に加え、 zPIV (通常のPIVの代わりに) をステーキングする人たちは、それをする事によりブロック報酬の大きな配当を受ける事ができるようになりました。

なぜ報酬を増やしたのか?その理由は、 より多くの人がzPIVを使うネットワーク上に入ることで、全体として、より高い匿名性とネットワークの安全性が可能になるからです。

2つ目に、PIVXzPIVに変換する時には、PIVX取引手数料と同じ位の微少なミンティング手数料がかかりますが、zPIVをステーキングする事によるブロック報酬を増やす事により、このミンティング手数料を部分的、または完全に相殺する事ができるのです。

最後の理由は、zPIV を使う事は、ユーザー側に実際にいくらかの余分な労力を必要としますから、PIVXチームはzPIV に関わるユーザー達には、それを行う事による報酬を得るべきだと考えたからです。

zPoS は、単なるクールなトリックではありません。 そうではなくこれは、全体として、非中央集権の仮想通貨テクノロジーのための大きな進歩なのですそして、PIVX は、その道を先導しているのです。

ご存知でしたか?新しいバージョン3.1.0.2の機能