PIVX は、PoS (プルーフ・オブ・ステーク)を行う初めてのデジタル通貨として今、歴史を作ろうとしています。完全なプライベートで匿名性のあるプロトコルを実装する事で、PIVXはプライバシーコイン市場における最も優れたコインの内の1つになったのです。

現在の市場における暗号通貨のほとんどは、ブロックチェーンと呼ばれる公的帳簿システムを使用しています。これによって全ての取引は可視化され、追跡可能となります。これによって、誰でも関連する取引や残高、さらに関連するアドレスをも見る事ができる為、ユーザーに脆弱性をもたらします。もしあるアカウントが個人情報や個人識別情報にリンク付けられているとしたら、そのアカウント上の全ての取引がその個人にリンク付けられてしまうのです。

この問題を解決する為に、PIVXは、高度に審査されたプロトコルであるZerocoinゼロコイン)を実装しました。ゼロコインは、zPIVと呼ばれる新しい第二層コインを使用する事によって取引のリンクを解除します。それによって 各取引を非公開にする事が可能になるのです。この革命的なプロトコルによって、PIVXは、市場で最も新しく、最も高度な技術を持つ暗号通貨の内の1つとなったのです。

PIVXの目的は、コインの中に最高の技術を構築し、ビットコインの創始者サトシ氏が最初に考えていた理想的な状態を維持する事なのです。 簡単に言うと、我々のゴールは、人々が自分のお金に対して力を持ち、自身の資産を自分の力で管理、保持する事ができるようになる事なのです。

「暗号通貨は現在、より効率的でプライバシーがあり、さらに低コストで資金の送受信ができる方法を探している個人や会社の大きな興味を惹きつけています。」と、PIVX コミュニティのSherpa、そしてマーケティングチームのメンバーであるブライアン・ドレイアン氏が述べています。「我々のテクノロジーは、今後ビジネスがどのようにして設計・機能・操作されるかを再検証する きっかけとなるでしょう。」

市場において最も新しいオルタナティブなコインである PIVXは、最低価格から比べて史上最高である69,500% の増加を見せています。0.006 セントから$4.17 USドルにまで、記録破りの8ヶ月で上昇しました。今年になり、彼らは暗号通貨史上初めてのプルーフ・オブ・ステークを行う暗号通貨として、良く知られ、高度に審査されたプライバシープロトコルであり、ユーザーのアイデンティティを資産の取引と引き離す事によってブロックチェーンレベルの取引に匿名性を持たせる事が可能な、ゼロコインの実装に成功したのです。 この、取引のプライバシー性と、彼らの効率的に分散されたコンセンサスアルゴリズム (プルーフ・オブ・ステーク)によって、PIVXは市場で最も優れたプライバシーコインとなったのです。

迅速で、安全で、分散されていてプライベートなコインであるPIVXの目的は、最も新しく、最新の技術を持つプルーフ・オブ・ステーク暗号通貨として世界中で使われるようになる事です。

また、彼らのユニークなガバナンス体制も、革新をリードしている理由のうちの1つです。それは、コミュニティのメンバーを、ガバナンスのシステム構築やセキュリティ構築に参加させるという方法です。 PIVXは、今までの暗号通貨のような、集中化された方法から、利他的な動機と、より良いものを求める考え方を育む、より協力的な構造に進化したのです。

「他のコインの不足点は、彼らは単に通常の政府から、寡頭政府(少数政府)に変わっただけだという事です。」ドレイアン氏は続けました。「我々のゴールは、ビットコインの創始者サトシ氏が最初に考えていた理想的な状態を維持する事なのです。つまり、人々に力を返す事です。そして人々が、自分のお金を保持・管理する事ができるようにする事なのです。

現在PIVXは、時価総額平均$210,000,000(2億1千万ドル)に位置し、日々勢いを増しています。平均150~200万ドルのボリュームで、今や174カ国で利用されており、9000人以上のメンバーと、30ヶ国語以上もの言語に訳されているウェブサイトを持つコインに成長しています。

PIVXは、分散化とプライバシー、そして現実世界での利用に注目した、コミュニティ中心の暗号通貨なのです。

zPIV Technical Documentation, charts and videos