ガバナンス


PIVXのガバナンスシステムのゴールはコミュニティを巻き込むことです。ここまでたどり着くのに長い道のりでしたがもうすぐ大きな一歩を踏み出します。このプロセスは非常に時間がかかり、我々はコミュニティ型ガバナンスと呼んでいます。
PIVXマスターノードオーナーは投票で決まった以下のステートメントを受け入れてます。

「PIVXは投票の分布をPIVXのコミュニティ全体が参加するコミュニティ型ガバナンスシステムに向けて進みます」
以下はどうやって投票が管理されるかというガバナンスの3つのエリアについて説明しています。DAOのガバナンスのすべてのエリアでも提案書を提出してマスターノードオーナが提案書の可否を投票するという事に関しては同じプロセスを有してます。このような投票はスーパーブロック(だいたい1か月に1回)毎に発生します。

マニフェストガバナンス
これについては非常にまれに。。ほぼ全く実現しないでしょう、実現には非常に多くのマスターノードオーナー(MNO)の投票プロセスへの参加(どうやって投票を評価する方法さえ決まってません)が要求されます。ここでのキーは普段投票に参加しないMNOにもマニフェストプロポーザルが提出され、何が問題となっているかという事が事実とバイアスのかかっていない方法で知らされることにあります。

資金ガバナンス

これらのプロポーザルは最も一般的で資金を毎月の予算から充当します。これらの資金はPIVXをサポートするあらゆる活動に使われます。サーバーの管理費やグーグルアップ、または広告費用やサポートしないと立ち上げることができないビジネスへの助成などです。

プロトコルガバナンス

これらのプロポーザルはゼロコストでありPIVXシステムのコードベース(プロトコル)の変更や変更の優先度を決めるためのものです。もしこれらの変更に費用がかかる場合、該当プロトコルガバナンスのプロポーザルが承認されたのち、資金拠出に関する部分は別途資金ガバナンスプロポーザルが提出されます。プロトコルガバナンスでユニークなのは提案が技術的に不可能であったり、ロジスティックスが承認された実行の順番と違うことが判明した場合コアデベロッパーは拒否することができることです。