PIVian(ピヴィアン) ブライアン・コーウェルl (Crypto Hobbit) さんがこのビデオの要約をして下さいました、感謝します!

ナゲッツ・ニュース・オーストラリア が、 “Snappy” ブライアン・ドリアン さんを招いて PIVX の歴史、プライバシ、そして有りがたきウォレットアップデートについて語る機会がありました!

DarkNetからの再ブランディングを超え、現実的なリターンを受ける事ができる持続的な仮想通貨を作り出したいという思いの元、プルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークへの切り替えが実行された時のPIVX チームを動かす心と考え方は明らかでした。.

Snappyによると、 PIVXがプルーフ・オブ・ステークに切り替えを行った事によって以下の2つの利点がもたらされました。

  • 暗号経済学的な側面では:
    • コインホルダーに報酬を与える事ができ、結果PIVX コミュニティを成長させる事ができる。
    • マスターノードが、一貫した受動所得を生み出している。
    • たった1 PIVあれば、ステーキングを行いネットワークを確保する事が可能である。
  • 持続可能性の側面では:
    • 非中央集権化
    • ビットコインのマイニングによる気候破壊を背景にしたカーボンフットプリントの削減

さらにPIVX チームはそこでも止まりませんでした。

PIVXのイノベーションは終わることなく、仮想通貨において初めてのゼロコインプロトコルの完全なるカスタム化を行い 、そして次には、次代産業で初めての、プライバシーステーキングが続いて開発されています。保護されたステーキングアドレスにより、混雑した仮想通貨市場においてPIVX をエリートステータスに持ち上げる事になるでしょう。あたかもプライバシーステーキングがFOMOを作り出すに十分では無いかのように、PIVXチームはさらなる、過小評価されている変形可能なテクノロジーを完成させようとしています。その名はzDexです。 zDexは、ウォレット内の、仮想通貨対仮想通貨の取引所です … PIVX ネットワークにおいてのみならずPIVX コミュニティにおいて価値ある人になる為に、zDex を探して下さい。

「複数コインのウォレットと非中央集権の取引所を上手に作り出した者こそが本当の勝者になるだろう・・PIVXが常にとてもコミュニティ中心である事。それが、私が1番最初にPIVXに魅了された理由のうちの1つです。」 ナゲッツ・ニュース・オーストラリア

インタビューの様子はこちらの動画で: