今までに、PIVXと他のコインとのシンプルな比較要素について多くの質問がありました。

この記事は、PIVXの概要を知る事ができ、さらにPIVXNの機能と、ブロックチェーン/分散型元帳技術メカニズムの仕組みについて解説し、さらに現在ある他のコインとどこが違うのかを説明する数少ない資料となるでしょう。特に、この記事では、それぞれ独自のやり方でプライバシーを重視している仮想通貨の内トップ3の通貨に注目しています。これらのコインは、単に仮想通貨取引のセキュリティー性とプライバシー性を向上させただけではなく、ユーザーの為に、独自の生態系とソリューションを開発しているコインでもあります。

これら3つのプライバシー重視コインについて説明する前に、何故、プライバシーが重要なのか(そしてブロックチェーンも)、そしてこれら3つのプロジェクトの違いは何なのかを説明する為に、簡単に、今までのブロックチェーンの歴史について見てみましょう(まずはビットコインから)。  

ビットコインの簡単な歴史

 

ビットコインは、サトシ・ナカモトによって、人と人の間で直接価値をやり取りし、保管する事を目的として開発された、最初の「ブロックチェーン」取引のモデルでした。その機能は以下に示されます:

  • 暗号化プルーフ・オブ・ワークのマイニングを開発した事で、ビットコインは、債務や債権ではなく、ポジティブな媒介物と成り得た。
  • 公的元帳として、暗証化、プロモーション、交換、及び他全ての使用方法において、全てのユーザーにとって検証可能でアクセス可能である。
  • ビットコインは、エスクローや仲介業者を必要としない。
  • ビットコインは、シンプルな契約機能を提供する。
  • インターネット通貨として、ビットコインは国際的に使う事ができる。

ビットコインの問題と限界

  • ビットコインについての大きな誤解の1つは、それが「非公開」であり、トランザクションが完全に非公開である(あった)と思われている事です。  実際にこの事実は、ウォレット・キーにリンクされたBitcoinブロック・チェーンに保持されているデータは、ウォレット・キーをその所有者にリンクして、すべてのトランザクションを追跡する為に他のインターネット・データと組み合わせる事が可能であると、様々な実体によって既に証明されています。

 

プライバシーと、ブロックチェーン

 

ビットコインが登場して以来、多くの代替仮想通貨がビットコインを真似して開発されてきました。それにも関わらず、プライバシーとなると、具体的なソリューションを提供する為に努力してきた通貨はほんの一握りです。何故なのでしょうか?これには多くの理由があります。その内の1つが、ブロックチェーン技術は概して、全ての取引がブロックチェーン上で透明性を持つように作られているからです。その事によって、誰もがコインの供給量を確認できます。故に、ブロックチェーンのプライバシー技術は、 量、すなわち全体のコイン供給量が誰にでも公開で確認できる機能を維持しつつ、動作しなければいけないのです。

私達はここで、PIVXMonero、そしてZcoinに着目します。これら3つの仮想通貨は、比類の無いブロックチェーンプライバシーのメカニズムを持ち、ユーザーにプライバシー性を持たせる機能を認められているプロジェクトです。3つの通貨どれもが、それぞれのプライバシー技術を越えた独自の局面を持っています。以下のチャートにおいて、簡単に、これらのコインのプライバシー機能などについての1つ1つの比較をしています。ZCash DASH等の他のコインやプロジェクトについても今後比較を行う予定です。また、nd a chart pairing PIVX とビットコイン、ライトコイン、イーサリウムをペアリングしたチャートも順次作成して行く予定です。