キャンドルライトが灯る暖かな部屋で、温かいココアを片手に、くつろぎながら自由に貴方のPIVXを使う事ができる居心地の良い場所・・そんな素敵な場所が今、現実にあるんです。

カンクーンのダウンタウンにある、「ラ・トラディショナル・チュレリア」と言う名前の可愛いレストランは、パープル・フィーバー(PIVXの紫色のロゴから)に参画し、今や顧客に仮想通貨での支払いのオプションを提供しているのです。

このレストランのオーナーである、ニールズ・フランクリンは、仮想通貨とブロックチェーンのあれこれについてもっと知りたいと思い、ワンゼッティに連絡を取りました。 ニールズは、PIVXを彼のビジネスに取り入れる事によってどれだけの利益を得る事ができるのか、そして、日々の生活においてどのようにしてPIVXを使う事ができるかについて、もっと知りたいと思っていました。ニールズは、ビットコインについて聞いた事はありましたが、それがどういう仕組みなのかは分かりませんでした。彼がワンゼッティに聞いた質問には、例えばどのようにして仮想通貨を不換紙幣に変えるのか、税金について、法律問題そしてプライバシーについてなどがありました。これらの全ては、ユクッユキー、マギー・モーランとペペマーグの助けによって回答されました。彼らの努力によって、ニールズはPIVXの良さを理解しただけで無く、なんとPIVXを彼のレストランで使い始める事になったのです。

PIVX は、驚くほど低い手数料と、素晴らしくアクティブでワールドワイドなコミュニティを持つ通貨で、尚且つ完全にプライベートで迅速、そして認証された取引を提供します。 PIVXのさらなる美点は、全てのユーザーに、ただ自分のヴァーチャル・ウォレットマネーをキープし、増やして行くだけで特典を受け取る可能性をくれるという初めてのプルーフ・オブ・ステークコインである事です。

そしてこれからは、カンクーンのPIVXコミュニティの人々は、軽食や美味しいピザ、パスタにサラダ、そしてチョコレートベースのドリンクをエンジョイする事ができる町で一番の場所、ラ・トラディショナル・チュレリアに行き、さらに、これら全ての利点の内でも最も素敵な事、そう、PIVXで代金を支払う事ができるのです!!