私が初めて仮想通貨とその投資としての可能性についての話を聞いたのは、今年の初め、友人を訪ねている時でした。しかし私は、当初かなり半信半疑でしたから、まずはよくリサーチしてからでなければ、まさか自分が投資する気にはなりませんでした。

ですから私がビットコインに最初の入金をするまで(安心して実際に投資をしてみる気持ちになるまで)、ある程度時間がかかりました。

自分のお金が少しの利息を増やすのを見るのは楽しい事でしたが、同時に、自分が投資した分の資金に対して実質上の利益を見るまでにはまだかなりかかるであろう事を考えると残念でもありました。私が使った投資のプラットフォームによって、資金を移動するのにかなりの手数料が取られていたからです。

結局私は、買ったビットコインを少しの利益で売ってしまいました。そして、二度とやらないと宣言したのです。

私は、これで自分の仮想通貨人生は終わりだと思いました。

そこで、私の友人ジェフリーが私に教えてくれたのが、より少ない仲介物で、もっとシンプルで、今や私が自分のビジネスの給料支払い方法の1つとして選択する事が可能にさえなった、このPIVXなのです。

これによって私には、小売価格はそのままで、全く新しい顧客層の可能性が広がり、さらに、自分の投資からの利益の可能性もがもたらされたのです。

 

取引は迅速で効率;まるで自分の携帯のスクリーンショットを取るの同じ位、簡単です。

PIVXのアカウントはバックアップできて、それには私だけがアクセスできます(パスワードが必要)。

今までの銀行のように、毎月の管理手数料がかかるような事はありません。そして、資金の送金にかかる手数料はとても少ないものです。

これを書いている時点でのPIVXのマーケットキャピタルは、$282,099,099(2憶8千2百9万9千99ドル) です。これで説明は十分ですね。これだけ多くのが、このプラットフォームに可能性を感じているのです。

ビットコインと異なり、2100万枚のコインしか発行されないという上限はありません。新しいコインは、どれだけステークされたかによって作られて行きます。(前もって決められた資金分の量は別とする。個人の裁量による。)

資金にホールドは無いので、いつでも好きな時に引き出す事ができます。しかし引き出さずにいれば、多くの同じような考えを持つ人々に貢献する事ができて、ビットコインの成長をさらに超えて成長し続ける、持続的な通貨形態を持っているという事になるのです。

仮想通貨が、入札の形態としてさらに広く受け入れられているであろう今後を考えると、私はやはり、自分が信じているものを信じ続けたい。そしてPIVXが、私のナンバーワンチョイスなのです。

PIVXは、これからも続いて行きます。

 

スティーヴン